admin⇒

独り言

≫2016年09月

 | ~home~ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傭兵に休みを与える

私の体は大体いつも戦闘態勢に入っているらしい。
交感神経優位で、あちこちに力が入っている状態。
と、鍼のセンセイに言われました。

うーん、そんなことないんだけどな、だらっとするの好きだし、と思っていたんですけれどもね。
マッサージいっても整体いっても大体、「体に力が入りすぎ」とか言われるんですよ。
でもやっぱり「そんなことないんだけどな?」と思っていました、つい最近まで。

ちょっと思い立って、発声を呼吸からやり直してるんですね。
で、その呼吸がまずできない。
息を吸ってはいてっていうのはできますけれども、舞台に立つ人間として、「ちゃんとした呼吸」ができない。
胸から肩回りから、とにかく力が入りすぎている…らしい。
が、私としてはそれは「力を抜いた状態」なので、それ以上力を抜くというのが、よくわからないのです。

まぁなんていうか…そう、傭兵がずっと守ってる感じですね!
なんで傭兵って思ったのかわかりませんけれども。あの、分からない感じに守備を固めてそうなところかな。(私の主観ですが!)

それで、とにかくまずは「力を抜いて呼吸すること」という何十年前にやっとかなきゃならないことだよ!と思いながらやってるのです。
延々やってるとですね…ふと、胸から肩にかけて、ふっと力が抜けるときがありまして。
あれ、これか。
傭兵さんやっと休憩はいってくれた、みたいなね。
それ以来、力を抜きたいときは「はい、傭兵さんたち休憩ですよー!ご飯食べてくださーい!だらだらしてくださーい!」と声をかけています。こっそり。
大抵の傭兵さんは休憩に入ってくれますが、なぜか生真面目であっという間に休憩終了にすることに関して…まだ対策が立てられていません。
スポンサーサイト

 | ~home~ | 

最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (126)
客演 (21)
映画 (0)

検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。