FC2ブログ
admin⇒

独り言

 | ~home~ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へんなゆめ

最近、明け方に変な夢を見ることが多いのです。
目が覚めたときにうっすら覚えているだけのものが多いのですが、昨夜のものはかなりリアルで。

とは言っても、覚えているのは途中から。(という設定だったのかもしれないのですが)
どうやら連続殺人事件にリアルタイムで遭遇しているらしいのです。
そうですね、金田一少年の事件簿のような感じでちょっとだけ猟奇的な感じ。
場所がヨーロッパっぽいところで、丘であったり廃墟であったり、地下水路であったり。
風景に関しては割とくっきりはっきり覚えてます。
不思議なのが、ちょっと後に「そこで決定的ななにかが起こることがわかる」こと。

つまりですね、現場に遭遇するというよりは、「その時」の数分前からそこにいるのです。
ただ、通常の夢よりも感情がリアルで、滅茶苦茶こわいのですよ。
遭遇したくないし見たくないし自分が同じ目に遭いたくないのです。
怖いから!
なので、数分後に起きる現象、ストレートに書けば殺人事件ですね、それから逃げて見ないで、時を過ごすのですね。

で、何度もそうやって逃げた後。
おそらく最後に近いあたりで、一緒にいた方に
「今まで見たもの、全部おぼえてしまって忘れられないんでしょう?かわいそうですね」
と言われたのですね。
なんでしょう、この説明的な言葉!
そこで夢の中の私、本当に怖い怖いといいながらわかったのです!

つまり、
「全部の事件を見て、記憶していないと、ヒントを集めきれなくてバッドエンドになる」
ということです。
遭遇したものをすべて見なければいけなかったのです。
壮大な、リアルな感情付きのゲームですね。
はた迷惑な話です。

本当はこのNPCの台詞で「そうか、もう一回全部の事件を思い出して、ヒントになるものをつきあわせればいいのか」ってなるんでしょう。
なんだこの夢。


で、ですね。たぶんこの夢の設定的にはこのゲームをやるのは2回目以降なのでしょう。
だからちょっと後になにがおこるかわかるのです。
以前遭遇して「見て」いるからですね。
ただし、正しい進み方を知らないという事は、まだクリアしていない。

あの、VRの推理ゲームというか。
小説とかでVRMMOとかVRRPGとかでありますよね!
ああいう感じです。


結構昔からそういうお話は読んでましたが、で、そういうのがあればいいのにーとか思ってましたが…思わぬところで体験することになりました。
体験してみたら逃げ回ってましたけど!
こう、その他大勢に紛れようとしてましたけど!
いや、ゲームだってわかってれば動き方変わったと思いますけれどもね…ん?
イコール、私は何かあるととりあえず逃げるってことですね。
わあ(笑)。


ただ、夢のくせに滅茶苦茶こわくて、目が覚めたときに、「外にでたくない」と思ったのでした…ふう。
(そのあとちゃんと会社に行きました)


comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://noc72.blog.fc2.com/tb.php/58-8c4c5dd0

 | ~home~ | 

最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (127)
客演 (21)
映画 (0)

検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。