admin⇒

独り言

←back  | ~home~ |  next→

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画のことばっかり

映画見てきたよ、ばっかり書いている気がするので別の記事も。

まあ、2月はヤマトも公開されるので間違いなく「いやっほう!!」っていう記事書くと思いますけれどもね。
愛の戦士たちですけれども、どうやって再編されるのかとっても期待してますけれどもね!

昨年に客演した舞台をきっかけに、バイオリンを独学でちまちまとやってるのですが。
あの時はとにかく曲を弾くのが最優先だったんですが、終わったのでちゃっとやってみようかなーと…ちゃんとって難しいですね。
まず、楽器が構えられません。
延々構えを練習し、「あれ、そういえば左手の形はどれが正しいんだっけ?」って見直すと、間違っているのでこれをまたやり直して。
「ん?右手の弓の構え方は?」ってやりなおし、すぐ覚えられるわけないので、延々これを繰り返す、と。
一つがなおると一つがダメって感じにね。
というわけで、初めて楽器をもって3か月で舞台でなんとかかんとか弾いたと思ったら。
そのあと二か月以上たってまったく進歩してないどころか、後退してるわけです。
ちゃんと基礎からやってる、と思いたい…。
習いに行くのが早いのはわかってるんですけれどもね。
毎週とか決まった時間っていうのは…ちょっときついのですね。
ワンレッスンだけとかやってくれるところはないのだろうか。
とりあえず基礎の基礎。構えを教えてもらえると、その先に一歩でも進めるのだけれどもなぁ…。

生の音

公演が終わったので、「できなかった色々をやるぞー!!」と、ジムに行ったり(休会してた)、映画を見に行こうとしたり(まだ行けてない)、自宅の収納棚を作ったり(まだ途中)、もぞもぞ動き始めたのですが。
小さなコンサートにお誘いいただいて行ってきたのですが。
室内楽って感じの2時間程度、小曲をいくつか、という感じのコンサートだったんですけれどもね…いやあ、なにはともあれ、生の演奏っていいですねぇ。
フルートとか、オーケストラで聞くと高音の響きがきれいだなって感じなんですが、実際は私、低音の響きが大好きでして。
少人数の編成で聞くと、その低音の響きが心地よくてですね…。
伴奏に入っているピアノも、弾き手によって「伴奏」だったり「共演」だったり「競演」だったりで楽しいのです。

ピアノは小さいころから習っていたので、今でも多少は弾けるのですが、こういういい音を聞いてしまうと、「がっつり練習したら、またもうちょっと弾けるかな?」とうっかり夢を見てしまったりしまうのですね(笑)。
まあ、毎日弾くわけではないのに、やっぱり鍵盤は手放せず、先日電子ピアノが故障した時も速攻で新しいのを買ったくらいで。
そんなときは「うまいだけが音楽をやる人じゃない!」と思いますよ!
下手だってなんだって、そばに楽器があるのが好きな人だっているんです。
そして先日の公演で初めて弦楽器にも触れて、ちょっといまそっちも楽しいところです。
弦楽器は独学ではちゃんと弾けるようにならないといわれてますけれどもいいんです、プロ目指すわけじゃないですし!
何となく楽しく弾けるようになったらいいなーと!

おわりました

蚊帳の海一座さんの公演、無事終演しました。
お越しいただいた方、応援してくださった方、ありがとうございました。

という記事を一度書いたのですが、うちの灰猫さんがPCの上にガッツリのったあげくに電源を落とし、「電源を切らないでください」というシステムチェック時に電源をおとすという暴挙をやらかして全部消えました…。
PC壊れなくてよかった。

それはさておき、共演したことがある方たちもいたとはいえ、本当にまったく関わったことのない系統のお話を作る劇団さんで、かつ、今回の役者人数19名。
多いですよ。
もう頭がわやわやになりました。
本番中に舞台裏ではなく楽屋に延々待機するっていうのも初めてでしたし、カツラを被ったのも、それで芝居をしたのも、本番中にメイクをなおすのも(あれでもやったのです!下手だからたいしてかわらなかったけど!)、年配の方々と芝居で絡んだのも、「妻」役っていうのも、みんな初めてでした。
あと、初日は150人くらいお客様が入ったそうです。
どうりで声が吸われたわけですね。夜光堂では一回のお客様が少ないので、客演でお出かけするたびに「今までやったことのない人数の方の前での芝居」の「人数」が増えてる気がします。

今回の役は、私の中では「レ・ミゼラブル」のテナルディエ夫妻のポジションに似てるなぁってずっと思っていました。
メインストーリーにはまったく関わってないんですけれどもいないとお話が進まない、ついでにちょっとお客様が肩の力を抜いてみられるパート。
なので、ご覧になった方がちょっとでも、ふっと息抜きできて笑えるパートになっていたらよかったな、と思います。

とりあえずは、お部屋の片づけと。
公演終わってからにしようと待っていた、キーボード収納棚をつくるのと。
休会期間終わったのでジムにも行って体力もどして。
人見知りーなので、常にぴーんと緊張していたところを一度だらーっとさせたいと思います。
夜光堂も、もうちょっとしたら、もぞもぞと次回公演の準備をはじめる…かもしれません。もぞもぞ。



ありがとうございました!!

忘れてました

えーと、客演舞台まであと一週間ちょい、でした。
ブログには書いてましたが、夜光堂HPに書いてなかった!!ということで、お知らせ出しました。
そうか!本番まであと一週間ちょいか。
…うん、あと一週間ちょい。がんばりますよー!

公演終わったら、昼まで寝て、映画見て、ジムで走って、お部屋の掃除して、だらだらすごすんだ!
冬の間は冬眠する勢いで、灰猫さんとごろごろするんだ!

今月末ほんばんですー

えーと、8月くらいにお出かけ中、と書いたっきりでしたが。
今月末本番です。

☆★☆★☆★
劇団蚊帳の海一座・第25回公演
「ホイップアーウィルの鳴く時」

あなたの隣に、ひとつあいた椅子がある。
それは幸運がやってきて座るため。
だからきれいに磨いて待っている。
しかし、待ち望んだその日、椅子に座っていたのが
ばら色の頬をした幸運の女神でなかったら・・・

<開演時間>
 2016年11月
  26日(土):午後6時30分開演(一回目)
  27日(日):午後1時00分開演(二回目)
       午後4時00分開演(三回目)
  ※開場は開演の30分前です。※

<会場>
 ●菊田公民館 三階・小劇場
  千葉県習志野市津田沼7丁目9番20号

 ○交通
  ・京成津田沼駅より徒歩7分
  ・JR津田沼駅より
   徒歩16分
   バス 8番乗り場「袖ヶ浦行き団地行き」で「京成津田沼駅」下車、徒歩5分

<チケット>
 ●前売り、予約 1,000円
 ○当日     1,200円
 ※未就学時の入場はできません。※

☆★☆★☆★

もし見に行ってやってもいいよ、という方はご連絡くださいませ。
さらっと「○日○時の回、○名、予約名○○」で構いませんので!
あいさつ文とかなくて構いませんので(笑)。
あと、他の参加者からも案内が来ていて、「あれどっちに連絡しよう」とか思ったら、どっちでもいいですから!


ちなみに、役者さんだけで19人の大所帯。
共演者の方々は皆さま私より年配の方がたくさん。年下の方もたくさん。
役柄は…これまた初めてで、夜光堂ではこの先もやらないな!って感じです。
衣装も着たことないものだったり!

あ、上演時間は大体2時間です。

よろしければぜひ。

←back  | ~home~ |  next→

最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (126)
客演 (21)
映画 (0)

検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。